横浜港湾作業株式会社 横浜港湾作業株式会社
 
   
トップページ
業務・安全
船内荷役
沿岸荷役
倉庫荷役
管理部門
安全管理
会社概要
社長挨拶・沿革
会社概要
本社アクセス
事業所一覧
リクルート
募集要項
社員からのメッセージ
リクルート・Q&A
サイトご利用上の注意事項

リクルート・Q&A

パンクズ リクルート
見出しライン

 

Q1 入社に必要な資格はありますか?また、入社後の資格支援制度について教えて下さい。
横ライン
A1 普通自動車免許を所持し、日常運転している方であれば結構です。自分自身の技能向上を目指し、各種資格取得にチャレンジしたい方には費用を含め積極的にサポートします。
 
Q2 荷役業務とは肉体労働(3K)なのですか?
横ライン
A2 荷役というと重労働というイメージがありますが、現在では荷役作業の主流は専用の特殊重機のオペレーションやフォークリフトのオペレーションなどの、極めて高度な技術を必要とする専門職と考えたほうが正しいでしょう。もちろん、人手による作業もありますが、以前と比べれば割合としてはかなり少なくなっています。
 
Q3 社員の定着率はどうですか?
横ライン
A3 一般に入社から3年以内にその会社から退職する率は高卒者で約50%、大卒者で約30%と言われています。一方当社では、例えばここ5年で入社した人の離職率は約13%にとどまっています。
これは、社員一人一人に幸せに働いてもらえるよう、待遇面や福利厚生面を熟慮している結果のひとつではないかと自負しております。
 
Q4 社員はどのような年代層が多いですか?
横ライン
A4 当社の平均年齢は約38歳で、若いフレッシュマンから経験豊富な社員まで、幅広い年齢構成になっています。近年は若い人をより積極的に採用しているため平均年齢も随分下がりました。このため、熟練者から若手への技術継承も日々仕事を通じて行われています。
 
Q5 港湾関係の知識・実務経験がありませんが就業可能でしょうか?
横ライン
A5 当社には、もちろん港湾関係の学校を卒業した社員が数多くおりますが、入社まで何も専門知識の無かった社員も多数おり、さまざまな部署で活躍しています。
我々は、港湾業界の固定観念に縛られることなく思いもよらない新しい視点と斬新なアイデアで貢献してくれる若い力に期待しています。是非あなた自身の目でミナトを見てください。
 
Q6 配属・勤務地は自分の希望が反映されますか?
横ライン
A6 可能な限り応えたいと考えていますが、社員の将来的キャリア形成と総合的な適材適所の見地から、幅広い知識と豊富な経験を持つ人材の育成を目標としています。そのため、入社後の異動を含め、必ずしも希望が反映されるとは限りません。
 
Q7 転勤はありますか?
横ライン
A7 当社の事業拠点は、横浜港(本牧・大黒)と東京港(大井・お台場・平和島・城南島・青海・品川等)の比較的限定されたエリアとなっています。従って、住居の移転を伴うような転勤は現在のところありません。
 
Q8 社員寮はありますか?
横ライン
A8 社員には港湾関係者が利用できる(社)横浜港湾福利厚生協会の寮を紹介しており、主に家族寮としての利用を勧めています。詳しくは入社後に担当の係にご相談ください。
 
 
このページのトップへ  
  Copyright(c) 2008 Yokomhama Kowan Sagyo Co,.Ltd all rights reserved. Designed by kobou-shibaken.com